投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

バイクを楽しむことと革新的なテクノロジー

イメージ
2015年6月25日 | NC750,メンテナンス

休日と雨が重なりバイクに乗る機会に恵まれずウズウズとしている中、束の間の晴れ間に近距離をNC750X LDにて散策に出かけました。 カブ110NWJCコンプリ-ト程の手軽さとはいかないけれど、NC750X LDはローダウン(LD)による足つきの良さもに加え、270度クランクエンジンの鼓動感も手伝って、気負うことなく、等身大で楽しめる手軽なお気に入りの1台です。 道すがらの紫陽花や田んぼを見ると、バイク乗りとしては「あまり雨が降らなければいいのにな~」とは思いますが、梅雨があるからこそ、稲が育つ一番大切な時期に田んぼに水を満たし、田植えができるのだと、また紫陽花が綺麗に咲き誇るのだと、今更ながら四季を感じます。
ところで最近の雑誌をちょっと見てみました。最新のバイクに革新的なテクノロジーを搭載されて、それによってライダーが自分自身の技量以上のライディングがいつでも楽しめるようです(!?)。しかしながら、NC750X LDを走らせバイクを楽しむことについて思うところがあります。 革新的なテクノロジーに絶対的な信頼性があればいいけれど・・・  バイクのエンジンが掛からなくなるのは、バイクに乗って走りだす前のことなのでまだ良いのですが、乗っていて何ら前ぶれもなく、突然停まれなくなるのはあってはならないことです。 私自身の脳裏から消えない、恐怖の体験なので幾度も語ることとなってしまいますが、以前乗っていたBMWR1200GSで林道を走っている時、サーボ付ブレーキが突然!前後とも全く効なくなり!「このまま谷底に落ちていってしまう!」 と必死の思いで停止した体験があります。ですので、革新的なテクノロジーについて、余計に心配に思ってしまします。 BMW R1200GSは、サーボなどに問題が発生した場合、強く握れば停まると云われていたのですが、力任せに強く握っても踏んでも停まりませんでした。そのときは転倒覚悟で登り斜面に突っ込み、ようやく停まりました。 実はこの恐怖体験は私だけではありません。NWJCさんがまだBMWの正規ディーラーをやっていたとき、NWJCの高田社長が試乗車にするためのK1200Sのナラシ運転中に、サーボブレーキに突然不具合が発生。前後ともブレーキが効かなくなり、あわや追突、そして峠道から転落しかけるという出来…