投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

スクランブラーNWJC2014仕様に初めて試乗

イメージ
2014年12月19日 | スクランブラー,トライアンフ,試乗車

7月にスクランブラー東北ツーリングに出掛けた時に高田さんから「僕達のスクランブラーは全車NWJC2014仕様だけど、君だけは2010仕様かい?」と言われ、ずーっと気になっていました。 →スクランブラーで初めての東北ツーリング その1 どうしても今年中に乗っておかなければ!と思いつつ、いよいよ年の瀬になってしまいましたので、高田さんにお願いをしてキャブ車のスクランブラーNWJC2014仕様に初めて試乗させてもらうことに。 同じ270度クランクで鼓動感も似た感じのホンダNC700XNWJCコンプリートに乗る高田さんと二人で、東濃方面へ200数十キロのツーリングに出掛けました。
これが同じスクランブラーなのか? 2014仕様のスクランブラーに跨った瞬間フワァ~とサスが沈み込みます。ただ軟らかいだけではありません。「何と云うしなやかに動く足回りなんだろう?」と、走り始める前にサスの違いにすぐに気付きました。 走り出して、街中で交差点を廻る時は軽快に気持ち良く曲がります。ワインディングでは、フロント、リアともに接地感がありバンクさせると気持ち良く曲がり始め、切り返しではヒラヒラと軽快にアクセルと連動した動きが気持ち良い。 コーナーを立ち上がる時は、キャブ車でありながらインジェクション車以上に滑らかにスルスルと加速します。車速がグングン上がってくる加速感は、同じスクランブラーとは思えない、まるで別物。 普通に流して走っている時も、郊外へ出てワインディングを走っている時も、サスはしなやかであるけど踏ん張り感があり、タイヤの接地感が分りやすく、とにかく乗りやすくて楽しい。 切り返しもフレームの剛性がしっかりとした感じで安心感があり、立ち上がりでの力強い加速感はスクランブラーとは思えないエンジンフィーリングです。エンジンとサスが絶妙にバランスしていて、何度も云いますがとにかく乗り易く楽しい!同時に乗っている間中「ここまで進化しているのか!?」と衝撃でした。 オートバイ屋目線でチェックをしてみましたが、マフラーを変えたり、もちろん二次エアーをキャンセルするような違法改造はまったくされていません。どこが?何が?外観からはまったく分かりませんでした。でも乗った感じは、驚くことにまったく別物なんです。
東北ツーリングのレポー…

年末年始の営業について

2014年12月15日 | お知らせ
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
12月29日(月)から1月5日(月)まで休業とさせていただきます。 年末年始の休業期間2014年12月29日(月曜)~ 2015年1月5日(月曜) メールやウェブサイトからのお問い合わせは通常どおり受け付けておりますが、ご回答は2015年1月6日(火曜)以降に順次対応させていただきます。 お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

オートバイ屋バイクショップ可児から見たカブ110 NWJCコンプリート

イメージ
2014年12月12日 | カブ,ホンダ

カブ110NWJCコンプリートに乗り、可児より南信州から遠州を巡る 今回は、カブ110NWJCコンプリートに乗って、ブラブラと走りまわり、意外に距離が伸びて楽しんだとき、走りながら思ったことや感じたことをお伝えしたいと思います。 晩秋の景色に誘われ、可児を出発してフラフラと東濃方面から南信州へアップダウンとワインディングを走るルートを楽しんできました。 ビッグバイクとほとんど変わらない速度でも、カブ110NWJCコンプリートで走ると、いつものルートも新鮮で景色が違うように思え、不思議な感覚でした。
おそらくですが、私の感覚としては、ビッグバイクに乗っているときは無意識に神経を張りつめ、色々なことに気を遣いながら走らせているのだと思います。 それがカブ110NWJCコンプリートに乗ると、もちろん適度な緊張感は持ちながら走らせてはいますが、気持ちも感覚もすべてにおいてゆとりが持てて、視覚的にもゆとりがあり、より色々見えているためだと思います。 そんな事を考えながら、軒先の干し柿をみて「もう直ぐ本格的な冬が来るなー」と思いつつ、南信州を巡って戻ってくるつもりが、フラフラと天竜スーパー林道を走り、気がつけば浜松まで走っていました。 その頃にはすでに日も暮れていて、可児へ帰ってきたのは夜9時頃。全走行距離は386Kmにもなっていて「へーっ!そんなに走っていたんだー」と意外でした。
走りにゆとりがあるためか、晩秋の季節感を味わいながら走り続ける楽しさばかりで、全走行距離がそんなにも伸びている自覚はまるでありませんでした。 年齢とか体力とか感覚的なことも含めて、一人のバイク乗りが気負うことなく等身大で楽しめるお気に入りの一台として走り続けることを楽しんだということだと思います。  カブ110NWJCコンプリートの実力を再確認 フロントビューを刷新するNWJCオリジナルのフロントキャリアは、フレームマウントなので荷物を載せてもハンドリングの違和感がなく、軽快で単なる飾りのキャリアでないことに感心します。 チェンジは現行のカブ(JA10)になってからカシャ!カシャ!とタッチが格段に良く気持ちよくなりました。 サスペンションも、大容量76Lのアルミトップケースに荷物を満載にしても、ブレーキングやコーナリングでヨレることなく安定していて、乗って…