投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

CB400SB VTEC Revoで、いつもの温泉・ランチ+花見

イメージ
2012年4月23日 | CB400,バイク屋のかみさん,ホンダ
先週久しぶりの400ccのバイク、CB400SF VTECに乗ったことで、自分の「時計の針」が少しずつ遅れを取り戻してきたのですが…。ノースウイングJCの高田さんから「まだまだ遅れとるよ、今のCB400SB HYPER VTEC Revoに乗ってみるとビックリするよ!」と言われて、試乗車をお借りしました。


今回は、ちょっと朝寝坊の月曜日で、家を出たのが10時を過ぎていました。まず岩倉市五条川の桜を見に…でも、もう半分以上散っていました。先週と行き先を逆にすればよかったかな~?と、ここの桜はあきらめて知多方面に向かいました。 本日目指す温泉は、愛知県大府市にある「めぐみの湯」なので、大府インターを降りて探してみましたが、看板ひとつありません。仕方がないのでタンクバックの中に入れてきたポータブルナビを出して、検索したところ5分ほどの所。手前の菜の花が満開でとても綺麗でした。 今回のCB400SBのここまでの印象ですが、前回乗ったCB400SFと同じCB400なのに、低速からノッキングなしでスムーズにつながり、いい音で加速するしコーナーも難無く曲がり、グングンと加速します。 キャーッ!!今日の私はメチャメチャ上手かも?と思えるほど乗りやすく、ハンドルの位置も私の体格にベストポジションです。 前回のCB400SF VTECは、走行距離も少なく長い間乗ってなかった車両ではありましたが、同じCB400なのに、これほどにも今のCB400SB HYPER VTEC Revoが進化しているとは、思いもよりませんでした。 乗ったフィーリングなどをうちの店長(主人のことです)に話したところ、確かにCB400SFシリーズは、HONDAが20年以上定番で造り続けている車両なので、その間ずっと進化し続けている車両だけれど、今のHYPER VTEC Revoのインジェクション化は、400ccの排気量がアップしたと思えるほどの大きな進化だと言ってました。 でも、今のCB400SB HYPER VTEC Revoの車両すべてが、今日乗った車両と同じフィーリングだと思ったら大間違い、とも言われました。 「ノースウイングJCさんの試乗車は、『ライダーの目線とメカニックの感性』でエンジンなどを事細かに調整して、サスペンションからポジショ…

春を見つけに伊豆半島ツーリング

イメージ
2012年4月18日 | ストリートトリプル,トライアンフ
TRIUMPH ストリートトリプルRツーリング仕様にて・・・。 2週間前、少しフライング気味に、トライアンフ・スクランブラーで春を探しに渥美半島へ菜の花を見に行ってきました。


しかし、「やはり日本の春は桜でしょう」と言うことになり、ノースウイングJC南店のスタッフでクラブマンデイのツーリング仲間でもある明君と、改めて本州一早咲き桜の伊豆・河津桜を見に、ストリートトリプルRで一泊ツーリングへ行ってきました。
今年はいつまでも寒く、2月の後半から毎週、週末から月曜日にかけて寒波が訪れ、雪が降ったり雨で大荒れという天候で、なかなかタイミングが合わず延び延びになっていました。 ですが、少しでも早く春を実感したくて、明君のストリートトリプルR「カマキリ目フル・ツーリング仕様」と、僕のストリートトリプルR「トンボ目スポーティー・ツーリング仕様」にて、日曜日の夜間に三島まで高速で向かうことにしました。 少し出遅れて10時ぐらいになると小雨がぱらつきだし、みぞれ模様の中のスタートです。 東海環状に乗ってすぐ雪に変わり、高速脇の温度計は1~0度で、春どころか一気に冬に舞い戻ったようでした。雪も次第に強くなり、一時は走行車線の左脇辺りが薄らと白くなるほどでした。 タイヤの選択は何を目的に ツーリングでは当たり前ですが、今回のように天候や高度の変化により、路面もウエットやドライになったり、温度変化により凍結寸前の路面もあれば、アスファルトが解けるほどの高温になることも多々あります。 ところが市販モデルのバイク、特にスポーツモデルバイクには、タイヤの溝が浅く少ないハイグリップタイヤが、当たり前に装着されているのは疑問に思うし、危険に感じるのは僕だけでしょうか?
新車時に装着されていて、さらにタイヤ交換時に、「より一層のハイグリップタイヤに交換して、サーキットの走行会に行きませんか?」と、販売店に勧められたという話をよく耳にします。 市販モデルである以上、あくまでもバイクに乗って楽しむフィールドは、市街地や高速道路といった一般公道です。サーキット走行のようにその都度タイヤのコンパウンドを変えたり、走行前にウォーマーを巻いてタイヤを温めるといったことはできないので、タイヤは慎重に選ぶ必要があるのではないでしょうか。 僕のトライアン…

CB400SF VTECで、いつもの温泉・ランチ+花見

イメージ
2012年4月17日 | CB400,バイク屋のかみさん,ホンダ

今回は、下取りに入ったCB400SF HYPER VTEC整備して「温泉・ランチツーリング」+花見です。


今さら250ccや400ccのバイクに?って思う自分がいましたが、先日CBR250Rに乗ってツーリングへ行ったことで、自分の250や400ccのバイクに対する感覚はまるで、「時計の針が止まったまま」のごとく昔のままで、最新のHONDA CBR250Rも、所詮250だから「こんな感じなんだろうな・・・」と思っていた固定観念は、良い意味でことごとく崩れ去りました。
オートバイ屋としての情報提供は、まずは自分が乗る事により実体験からの正しい感覚を伝えなければ、と改めて実感しました!  その思いから「いつもの温泉・ランチツーリング」+花見は、下取りに入ったCB400SF HYPER VTEC を整備して乗ってみることにしました。 前回のCBR250Rと比べ、今回のCB400SFは下取り車ということもあり、グリップヒーターも、ナビも、スクリーンも付いていないので、辛いかも?と思いつつ、花見と言えば先ずは多治見の「虎渓山」。でもまだ3分咲き。そのまま山を下って「修道院」辺り。これもまだ3分咲きだったのであきらめて、今日の目的地に向かい走り出しました。 CBR250Rの軽快な走りに比べると、久しぶりに乗る400ccは全然乗っていなかった車両でもあるので、何となく全体に渋い感じがして乗りこなせない・・・大変な日になるかも!? 国道19号から66号、418号へ。平谷村の入り口で梅が満開だったので、曲りくねった道を10数km程のんびり走ります。わずか2100kmしか走っていないCB400SFなのでタイヤの山は充分にあるけれど、劣化しているのか、はたまた久しびりの400ccのバイクに戸惑っているのか、何かしっくり走れない。 不動の滝のカンバンが目に付いたのでちょっと一休み。水がすご~く綺麗で、夏に来ると涼めるだろうな~と思いながら、信州平谷村の道の駅に到着です。
昼時を過ぎていたのでとりあえずランチを。「おすすめの平谷定食¥980」と書いてあったので、思わずつられて頼みましたが、ま~ま~でした。ただ平谷村の辺りは馬刺しが有名と後で知り、¥1200だったのでシマッタ残念! 今日の温泉は道の駅に隣接する「ひまわりの湯」…

ホンダNC700Xを展示中です

イメージ
2012年4月6日 | お知らせ

ただいま店頭に、発売されたばかりの直列2気筒エンジン搭載NC700Xを展示しています。 そのほかCB1100、CBR250Rと話題のホンダ車を展示しておりますので、ぜひ一度ご覧になってください!