投稿

2月, 2017の投稿を表示しています

2017年最初のバイク乗りはSL230でリベンジ!

イメージ
2017年2月7日 | SL230,ホンダ

昨年は肩を痛め、また不覚にもSL230で事故に合い膝も痛めて、バイク屋として情けない思いにかられましたが、折れそうな心を奮い立たせ、VTRで西日本へツーリングに出かけて一年が終わりました。 事故で壊れたSLを修理し、肩や膝の調子もだいぶ良くなってきたので、寒気の去った穏やかな1月の休日に、SL230で近くの林道へショートツーリングへ。今年は昨年の不始末のリベンジから始まりました。 SLを修理するにあたり、外装パーツを発注しようとすると色物がかなり欠品していたので、当初のボディカラーではなく、たまたま持っていたグリーンのタンクに合わせた色の、リヤーカウルAssyとフロントフェンダーを発注しました。 部品交換にフロントホィール、足回り、ブレーキ廻りの見直し、ナンバープレートもクシャクシャになってしまったのでナンバー変更をしてこの日を待ちわびていました。
事故以来初めて乗るSL230は、手軽で構えることもなく丁度いいサイズで安心できるのですが、最初のうちは、事故の時の様に対向車が突然自分の前を右折するんじゃないか?左から車が突然出て来るんじゃないだろうか?と何時もになく滅茶苦茶緊張してしまい、安全第一を心に刻んで走りました。 アフリカツインとSL230を比較して思うこと 何台も乗り継いだアフリカツインは大好きで、NewアフリカツインCRF1000も手に入れました。 当初は、試乗車として準備しながら自分も乗って、実体験からのバイクライフを提案していこうと思っていました。 というのは、トリコロールのカラーリングもアフリカツインのネーミングも大好きだし、雑誌では「初心者でも手軽に誰でもオフロードを楽しめる!」などとか書かれていたので、もしそれが本当ならばあの車格でも等身大のバイクライフの1台になり得るかもしれない、と思ったからです。
アフリカツインを登録した最初の頃は、どんなバイクなんだろう?と構えながら頻繁に乗ったのですが、雑誌のコピーのとおり「初心者でも手軽に誰でもオフロードを楽しめる!」という車両ではありませんでした。大型初心者やリターンライダーがスキルアップもなく「アドベンチャー!」などと気楽な感覚で林道へ入り込めば、一歩間違ったら取り返しの付かない惨事になる可能性もあるのでは・・・と次第に思うようになりました。 大ファン…