投稿

8月, 2015の投稿を表示しています

お盆にみんなでカブ110NWJCコンプリートを満喫

イメージ
2015年8月31日 | カブ,ホンダ

Express仕様へバージョンアップ お盆休みに入ったばかりの13日に、当店の試乗車であり、いちバイク乗りとして楽しんでいる車両でもあるカブ110NWJCコンプリートに乗って、ノースウィングJCさんへ出かけました。 目的は、カブ110NWJCコンプリートを小さな最強ツアラー『エクスプレス仕様』にバージョンアップすることです。バージョンアップは、スクリーンとナビの取り付けステー、それにアンダーガードなどを装着します。 Nakaさん、村田さん、Kさんも、其々のカブを『エクスプレス仕様』にするということで、一緒に作業を行いました。 スクリーンとナビのブラケットは小ロット生産のため早々になくなっていて、私の車両には、まずはエクスプレス仕様の旨味調味料ともいえるアンダーガードを取り付けました。スクリーンは、ひとまず試作段階のテスト品を使うことにします。 パーツの組み付けが終わると、さっそくみんなでツーリングの相談。16日に東濃方面へ、カブ110NWJCコンプリートばかりでツーリングに出掛けることになりました。 Nakaさんのブログカブ110NWJCコンプリートで朝の空気を楽しむ 東濃方面へカブならではのルートを走る
当日は可児市の道の駅で待ち合わせたのですが、みなさん時間よりかなり早めに着いたようで、一番近い私が最後でした(申し訳ない^^:) 東濃方面ということなので、私が先導で恵那山方面へ向けて走ります。斜面が崩れていて反対側は断崖絶壁の山道といった、カブだからこそ躊躇することなく気負わず走れるルートや、1速でないと上っていかない峠道ルート、田んぼの中の快走ルートなど、約300Kmのツーリングを楽しみました。
今回一緒に走るみんなは、もちろんビッグバイクを長年乗り続けているベテランの方たちばかりです。 カブ110だからといって車両の仕様も装備もメンテナンスも一切の妥協はありません。どれか一つでも欠けると安全ではなくなるし、バイクを楽しめなくなることをみなさん知っているからです。 カラーリングは思い思いの色で、7台ともボディーカラーが違ってとてもカラフルで、アルミ製のトップケースも装備していると圧巻です。
7台のもう少し詳しい仕様は、NWJC明さんの記事をご覧ください。 NWJC『明のバイクライフ』No30 お盆にカブ110NWJCコン…

カブ110NWJCコンプリートを検証する

イメージ
2015年8月21日 | カブ,ホンダ,試乗車

7月のある日、当店の試乗車としても活躍しているカブ110NWJCコンプリートで、約600Kmの日帰りロングツーリングを楽しんできました。目的は、NWJC高田さんの列島縦断企画を受けてのカブ110NWJCコンプリートの検証です。 高田さんは、九州佐多岬から北海道宗谷岬までの約3,000Kmを、キャンプ道具をはじめロングツーリングに必要な装備を満載して、5日間で縦断しています。もちろん一般道のみの走行です。 私も、カブ110NWJCコンプリートを楽しんでいるバイク屋として、この車両で走り続けるとどんな感じの走りになるのか、5日間は無理だけれどもせめて1日だけでもと思い、1日分の約600Kmをキャンプ道具など満載状態にして走ってみることにしました。 可児の当店から東北東に向かい南アルプスを包み込むように南下し、東海道を西に向かい帰ってくる経路を取りました。 今回のツーリングレポートで、等身大のバイクライフを提案するうえで、当店の試乗車であるカブ110NWJCコンプリートをバイク屋「バイクショップ可児」の目線で走らせて、実体験から思ったことや感じたことをお伝えできればと思います。


NWJC高田さんの日本列島縦断企画とは 高田さんの「バイク屋の備忘録」のツーリングレポートには『積載量をアップして大型バイク並の積載量を持つカブ110NWJCコンプリートで、誰でもがロングツーリングを気負うことなく楽しめるよう、小さなツアラー・カブ110EXPRESS仕様を企画して、列島縦断ツーリングを楽しみながら色々な事をバイク屋のバイク乗りとして確認してきた』と、列島縦断のテーマが記されています。 バイク屋の備忘録→カブ110NWJCコンプリートで日本列島縦断 この列島縦断はウケ狙いではなく、バイク屋としてスペックやブランド、カテゴリーに関係なく、独自の観点でいろんなバイクを楽しんで「速さより心地良さで走り続ける楽しさ」を提唱しながら、バイクライフを満喫している高田さんらしい企画です。 これは、バイクライフを楽しもうとする方々へ向けた、バイク屋としての実体験からの一つの提案です。
ヘッドライトがカブらしさを表現している 私と同じ世代40代半ば過ぎから50代の後半の方ならば、人生最初に跨ったバイクはカブと言われる方が多いのではないでしょうか? 私…

NC750X LDとタイガーエクスプローラーで比較キャンプツーリング

イメージ
2015年8月8日 | NC750,タイガーエクスプローラー,デュアルパーパス

NC750X LDで定例のキャンプツーリングを、いつものキャンプ場で楽しんできました。 途中、郡上八幡の大滝でNWJCの高田さんと合流し、次の日には同じくNWJCの明君と合流です。 明君とはお互いの車両を乗り換えて、それぞれの車両を評価しあってみました。 NWJCオリジナルツーリングキャリアとトータルバランス 高田さんは、試乗車のNC700Xに、NWJCオリジナルツーリングキャリアの新作にGIVIのトップケースを装着し、キャンプ道具を満載でやってきました。 この高田さんのNC700Xは、NCならではのラゲッジスペースが21L、ダールのパニアケース左右で62L、トップケースで46L、リヤシートに47Lの防水バッグでトータル176Lとは凄い! 当店のNC750X LDは、NWJCオリジナルのダールパニアケースと、50Lのバッグをツーリングキャリアに装着して約110Lです。 ところでトップケースの装着は、ベースやキャリアの位置、強度、ケースサイズの影響などで、操安性に大きな支障をきたし、乗ることを楽しめる車両ではなくなることがあるので要注意です。 BMW F800GSにGIVIのトップケースを付けた時に、ストレートでもハンドルが振られ、コーナーの立ち上がりではよれておつりを貰うようになり、常に気を張っていなければならなくなったことを思い出します。
トップケースを装着したNC700Xの後ろに続き、挙動を観察してみました。長良川沿いの細いワインデングの路面は荒れているところもあり、川に沿って回り込んだコーナーでも、リヤサスがしなやかに動いています。ツーリングキャリアの強度も充分だから、よれることもなく立ち上がっていき、何ら問題ないようです。それにつられて私もスロットルがワイドオープンになります。 どちらの車両もフロントサスペンションの問題を解決し、リヤのサスペンションもしっかりメンテナンスをしてトータルバランスが整っているからこそ、キャンプ道具など満載でも軽快に走ることができるのです。 スーパーで晩御飯の買出しをしてキャンプ場へ。日曜日と言うこともあり場内はガラガラで、何処にテントを張ろうかウロウロ。
高田さんはというと、荷物を積んだままトレッキングごっこのような低速で斜面を登り、木の間を周っ…

お盆期間中の営業について

2015年8月7日 | お知らせ
いつもご利用いただきましてありがとうございます。
8月15日(土曜)から8月17日(月曜)まで、夏期休業とさせていただきます。 夏期休業期間2015年8月15日(土曜)~ 2015年8月17日(月曜) メールやウェブサイトからのお問い合わせは通常どおり受け付けておりますが、回答は8月18日(火曜)以降に順次対応させていただきます。 お客様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。