投稿

8月, 2014の投稿を表示しています

ホンダ カブ110プロNWJCコンプリートで行くキャンプツーリング

イメージ
2014年8月21日 | カブ,ホンダ
カブ110プロNWJCコンプリートを慣らし よりカブ110プロを知り、楽しみたくて、以前から乗っていたカブ110プロNWJCプロトタイプもどきに替え、現行のカブ110プロNWJCコンプリートを用意しました。 8月の定休日に、先ずは慣らしをと思い走りだしました。途中、NWJC南店に寄ることに。

NWJCの高田さんが、冗談まじりに「当店のアタリの付いたベストコンディションのコンプリート乗ってみるかい?ショックを受けるヨ~ン」と言うので、早速乗らせてもらってビックリ!何じゃこりゃ!とんでもなく良く走るし、チェンジのタッチも気持ち良くカシ!カシ!と入る! 慣らしも終わって当りも出てベストコンディションに整えられるとここまで違うのか!!ウチの車両もこんな風になるのだろうか・・?驚いた! 確かに旧型のチェンジは踏んでも心許なく、リヤのサスペンションは、キャンプ道具満載で走ると腰砕け状態。シートも腰の座りが良くありません。 新車のカブ110NWJCコンプリートは、チェンジのタッチは良かったけれどまだまだシブイ!エンジンもサスペンションも如何せんシブイ!もちろんブレーキのタッチもまだまだ・・・。でも、シートの固さと腰の座りはGOODでした。 新車の慣らしは絶対に大切ではあるし、下したての車両はシブくて、エンジンも重くて回らないことは判っていたけれど、正直な所、この試乗をさせてもわらなければ、これ程の違いを知ることすらありませんでした。
高田さんから、「お盆恒例のキャンプに、カブばかりで行く予定がある」と聞いていましたので、1人のライダーとして楽しむために、また、NWJCのいつものツーリングメンバーに、カブ110NWJCコンプリートやキャンプのことも聞きたくて、私も参加させていただくことに。
時間もあまりなく、頑張って乗って453Kmまでしか慣らしができませんでしたが、バルブクリアランスの調整とエンジンオイルの交換をして参加しました。 バルブクリアランス0.03mmの大きな違い バルブクリアランスは、新車から僅か453Kmしか乗っていないのに、IN側、EX側ともに許容最大値(0.02mm)よりも0.01mm範囲外になっていました。 調整後、低中速のトルクが太くなり、コーナーリングの安定感が増して乗りやすく、立ち上りではツキが良くなりました。 …

スクランブラーで初めての東北ツーリング その2

イメージ
2014年8月18日 | スクランブラー,トライアンフ

十和田神社での神事に参列させていただいて、午後に十和田湖を後にして帰りの途につきました。今日の予定は、走りながら途中で相談して決めるとのこと。その適当さが気心の知れていることを表しています。 みんなで走るのも3日目になり、自分自身楽しくバイクに乗っているのにどことなく体に疲労が蓄積しているようでした。少し眠気もあり、注意力が散漫になることもありました。 対して、悪天候の中でもかなりのペースで走り続けるNWJCさんのいつものメンバー。どしゃ降りの雨の中を、軽快に晴れの日プラスαの走りで、駆け抜けていきます。 彼らは、とても楽しそうにワインディングを切り返して行くのですが、私は付いたり離れたりで間隔がまったく定まらず、まるで挙動不審?私のスクランブラーとは仕様に違いがあるようなのですが、良く分かりません。 彼らと同じペースで走るために、仕様の違いをライテクでカバーしているつもりが、体力、気力を消耗するだけ。挙動不審な走りなのも、仕様の違いを掴めないのも、大きなストレスを蓄積しながら走っているからでしょうか?
走る距離が長くなる中で分かってきたこと 高田さんがいつも云っている「速さより心地よさで走り続ける楽しさ」の意味合いの深さと拘りを具現化して、乗り手と各々のスクランブラーが絶妙にマッチングしている様を目の当たりにすると、これまた高田さんの云う「深化」は、容易にはつかめない謎でもあり、驚きでもあります。 NWJCさんのメンテナンス車両は、見た目は変わらなくても各部に手が入れられ、乗り手とスクランブラーが絶妙にマッチングして、走り続けることを楽しめる車両に進化しています。 そしてバイク屋とお客様が、ツーリング仲間として各々が存分に楽しみ、メンテナンスにフィードバックすることで、ますます熟成が進んでいます。 また、そのようなツーリングを繰り返す中で、言葉の要らない、気配り心配りのあるコミニケーションが生まれていて、ツーリング自体がとても質の高いものになっている気がします。
一方私はというと、「バイクはライテクで何とかすればいい。それができてこそベテランライダー」と思っていたことがありました。そのため車両のコンディション対する意識が甘く、違和感になかなか気が付かないことも。 今回、疲労の蓄積する走りをしていたことで、…

スクランブラーで初めての東北ツーリング その1

イメージ
2014年8月6日 | カブ,スクランブラー,トライアンフ

高田さんのいつものツーリングメンバーと 高田さんが毎年7月に十和田神社の神事に参加される事は以前から知っていましたが、今年は、高田さんのいつものツーリングメンバーであるNakaさん、Kさん、精神科医の村田さんの3人が、スクランブラーでキャンプツーリングを楽しみつつ、一緒に十和田へ行くということでしたので、私も参加させてもらいました。 →NWJC公式サイト バイクは健康療具『スクランブラーを愉しむ その2』
→トライアンフ スクランブラーの備忘録『スクランブラー5台で周る東北ロングツーリング 後編』 翌々思い出してみると、高田さんとは30年近い付き合いなのですが、日帰りや一泊二日のツーリングには一緒に行ったことはあっても、何日も一緒に走り続けたことはなかったので、とても楽しみでした。 スクランブラー専用スクリーンは完璧!! 集合場所である上越市のビジネスホテルへ向け、早めに仕事を切り上げて午後5:00に出発。時間の都合もあるので、全線高速で向かうことに。 スクランブラーに乗るのは約2か月ぶりな上に、キャンプ道具もありのフル積載のため、最初はすべてにおいて重く感じましたが、次第にエンジンの回りも車体も軽くなっていきました。 そして今回のツーリングには、NWJCさんが以前から何度もテストを繰り返してこられた、スクランブラー専用スクリーンの装着を間に合わせていただきました。 私自身、汎用スクリーンを装着したり、汎用スクリーンのステーだけを作って取り付けたことはありました。しかしスピードを出すとスクリーンがしなってきたり、取り付け位置が悪くて風圧とともにヘットライトが上を向いてしまい夜間走行がし辛かったりと、バランスが悪く恰好も悪く、今回のツーリングはスクリーン無しで行くつもりでした。 正にこんなスクリーンが欲しかった!!初っ端からの高速走行で威力を発揮!スクリーンで跳ね上がった空気の流れは、ヘルメットの上を形に添って流れて行く! 長野道から上信越自動車道に入った妙高高原IC辺りからは、雨が上がったばかりで路面は完全なWET状態でしたが、トラックの後方でもしぶきがヘルメットのシールドに付かず視界良好!胸の辺りも殆ど濡れていませんでした。大きさもスクランブラーとのバランスも程良く、スタイルも恰好良くて、とても良い。
こ…