ストリートトリプルの初回エンジン調整 


当店のストリートトリプル試乗車の慣らし走行が終わり、ノースウイングJCさんの協力を得ながら、最初のエンジン調整を行いました。
内容は、まずバルブクリアランスの調整。規定値ぎりぎり以上のものは、シム交換をして対応しました。バルブクリアランスの調整後、インジェクションの調整などをしています。

さて、作業完了後に乗ってみたのですが、エンジン調整の効果は抜群!
エンジン音が「バリボリ、バリボリ」から「ギューン、ギューン」に変わり、全域でトルクが太くなっていることもはっきりと感じ取れます。右左折時など回転が下がったところから、スロットルをサッと開けてもちゃんと付いてきますし、6速でアイドリング回転からスロットルを開けた場合も、ノッキングもなくスムーズに車速も乗るほどになりました。
低速でのスロットルやギアに気を使わなくても済むようになったので、安心してバイクを操れます。また、グリップに手が痺れるような不快な振動もなくなりました。

コメント

このブログの人気の投稿

SL230を再び楽しむ

カブ110NWJCコンプリート&タイガー800 凸凹キャンプツーリング 南信州

ダウンサイジングにてVTRを楽しむ!